制度いろいろ



例えば軽自動車は、時代とともにどんどん大きくなってきました。 運転免許も更新の期間が長くなったり、車検についてもユーザー車検が登場したり、自動車に係る制度ってかなり変わってきています。

技術の進歩や、社会情勢を反映して行われている変化です。

自動車の制度の変化は、少なからずいろいろなところに影響を与えます。 よい影響を受ける人は嬉しいですが、悪い影響を受ける人もいます。

意外に誰にも知られずに変わっている制度もあれば、大きな影響を与える制度もあります。

いろいろな視点でみていみると、結構興味深いこともありますよ。

さらに、過去の制度変更による影響などを知ることで、将来の制度変更を上手に利用する糧にできるかもしれないですね。


気になる記事ピックアップ

軽自動車と軽車両
軽自動車と軽車両を勘違いする話はよく耳にします。「進入禁止(軽車両を除く)」という標識を前に、堂々と軽自動車で進入してしまう人たちですね。たまにある間違いだけに、自動車免許の試験でも出されますし、教習所では必ず注意されることですね。不注意もあるかもしれませんが、この勘違いは無くなることは無いでしょうね。

タイヤのこと
タイヤの規制は知ってますか?意外に知られない、忘れられた規制があります。タイヤの規制で影響が大きかったものとしては、1991年3月・・スパイクタイヤの原則使用禁止でしょう。この背景には、社会問題にも発展した、スパイクタイヤに路面が削られて発生した粉塵問題の解決があります。

ドレスアップのこと
ドレスアップといえば、エアロパーツや光を使った装飾など、いろいろ工夫を凝らして楽しむマイカーの一つの楽しみ方ですね。ドレスアップでは法に触れる改造に注意しなければいけません。 市販されているパーツでも時に問題となるものもあるので注意が必要です。例えば、違法改造の例としては、

カーシェアリングのこと
自動車といえばマイカーが当たり前という時代は終わろうとしているのかもしれません。自動車を借りるといえば、レンタカーですが、レンタカーは半日以上の単位で借りる形態です。利用時間は短くても、数回利用したいという人にはレンタカーは割高になりがちです。

自動車免許のこと
自動車免許は時代とともに結構変化しています。大まかな経緯を紹介してみます。(参考:「フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」他)1919年1月・・甲種(全ての自動車)と乙種(特定の自動車限定)があり、有効期間は5年。更新制度がなく再度試験。(自動車取締令)1933年11月・・普通免許、特殊免許、小型免許の3種類。小型免許は試験不要。(自動車取締令)

Copyright © 2008-2012 自動車の制度の歴史. All rights reserved