カーシェアリングについて



自動車といえばマイカーが当たり前という時代は終わろうとしているのかもしれません。

自動車を借りるといえば、レンタカーですが、レンタカーは半日以上の単位で借りる形態です。

利用時間は短くても、数回利用したいという人にはレンタカーは割高になりがちです。

マイカーを持っていても、利用頻度が少なければ、駐車場代・税金など維持費ががもったいないですね。

月に数回短時間だけ利用したいというニーズに応えることができるカーシェアリングです。

都会を中心に、そういうニーズが意外に多いこともあり、カーシェアリングは人気です。

セカンドカーを処分して、必要な時にカーシェアリングを利用する人も結構います。

このカーシェアリング登場のポイントとなった規制緩和があります。 それは無人での自動車の貸出しに関するもの。

この規制緩和により、カーシェアリングも事業として成り立ちやすくなったようです。






気になる記事ピックアップ

ドレスアップのこと
ドレスアップといえば、エアロパーツや光を使った装飾など、いろいろ工夫を凝らして楽しむマイカーの一つの楽しみ方ですね。ドレスアップでは法に触れる改造に注意しなければいけません。 市販されているパーツでも時に問題となるものもあるので注意が必要です。例えば、違法改造の例としては、

軽自動車と軽車両
軽自動車と軽車両を勘違いする話はよく耳にします。「進入禁止(軽車両を除く)」という標識を前に、堂々と軽自動車で進入してしまう人たちですね。たまにある間違いだけに、自動車免許の試験でも出されますし、教習所では必ず注意されることですね。不注意もあるかもしれませんが、この勘違いは無くなることは無いでしょうね。

軽自動車のこと
軽自動車は、税金や手続きなどが普通自動車に比べて優遇されており、オトクな自動車ですね。軽自動車(軽四輪)は道路運送車両法の施行規則で定められています。 現在は、全長3.40m以下、全幅1.48m以下、全高2.00m以下、排気量660cc以下となっています。軽自動車の規格を追って見ましょう。(参考:「フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」)

変速機いろいろ
変速機といえば昔はMT(マニュアル)車のみでした、やがてAT(オートマ)車が登場し、普及すると運転が楽なAT車に限定した運転免許も登場しました。さらに時を経て、CVTが登場しました。CVTは無段変速機のことです。効率のよさが売りのようですが、エンジンブレーキがききにくいなどの特徴もあります。

車内のドライバーの行動
車内でのドライバーや同乗者の行動や状態がルール化されたものについて見てみましょう。まず挙げられるのは、シートメルト着用です。簡単に経緯を見てみると、1969年(昭和44年)・・運転席のシートベルト設置が義務化。1973年(昭和48年)・・助手席のシートベルト設置が義務化。

Copyright © 2008-2012 自動車の制度の歴史. All rights reserved