軽自動車について



軽自動車は、税金や手続きなどが普通自動車に比べて優遇されており、オトクな自動車ですね。

軽自動車(軽四輪)は道路運送車両法の施行規則で定められています。 現在は、全長3.40m以下、全幅1.48m以下、全高2.00m以下、排気量660cc以下となっています。

軽自動車の規格を追って見ましょう。(参考:「フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」)

1949年7月・・長さ2.80m、幅1.00m、高さ2.00m、300cc(4サイクル車)・200cc(2サイクル車)

1950年7月・・長さ3.00m、幅1.30m、高さ2.00m、300cc(4サイクル車)・200cc(2サイクル車)

1951年8月・・長さ3.00m、幅1.30m、高さ2.00m、360cc(4サイクル車)・240cc(2サイクル車)

1955年4月・・長さ3.00m、幅1.30m、高さ2.00m、360cc

1976年1月・・長さ3.20m、幅1.40m、高さ2.00m、550cc

1990年1月・・長さ3.30m、幅1.40m、高さ2.00m、660cc

1998年10月・・長さ3.30m、幅1.48m、高さ2.00m、660cc

オトクな軽自動車がどんどん大きくなり、ますます便利になってます。


気になる記事ピックアップ

車検のこと
車検は、定期的に自動車の状態をチェックする検査のことで、法律で定められた義務です。そのような背景もあり、ユーザー車検の導入など、規制は緩和されてきています。

子供と自動車
子供にななんだ事といえば、2000年に義務化されたチャイルドシートでしょう。また、子供が起こした事故をきっかけに様々な仕様の変化・工夫もいろいろあります。たとえばチャイルドロックは後部座席のドアを内側から開けられないようにする仕組みです。子供たちの安全のため上手に利用しましょう。

タイヤのこと
タイヤの規制は知ってますか?意外に知られない、忘れられた規制があります。タイヤの規制で影響が大きかったものとしては、1991年3月・・スパイクタイヤの原則使用禁止でしょう。この背景には、社会問題にも発展した、スパイクタイヤに路面が削られて発生した粉塵問題の解決があります。

自動車免許のこと
自動車免許は時代とともに結構変化しています。大まかな経緯を紹介してみます。(参考:「フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」他)1919年1月・・甲種(全ての自動車)と乙種(特定の自動車限定)があり、有効期間は5年。更新制度がなく再度試験。(自動車取締令)1933年11月・・普通免許、特殊免許、小型免許の3種類。小型免許は試験不要。(自動車取締令)

軽自動車と軽油
ガソリンスタンドも規制緩和により、セルフよ呼ばれる、お客さん自らが給油するタイプのガソリンスタンドが増えました。自分で給油する割にはあまり、値段的なメリットは感じにくい気もしますが・・・「レギュラー」「ハイオク」「軽油」ってあるけど、軽自動車だけに「軽油」かな。

Copyright © 2008-2012 自動車の制度の歴史. All rights reserved