愛車とペット



ペットがますます近い存在になってきています。 室内で飼われる室内犬が当たり前となり、いろいろな動物のペットブームを経て、ペットも多様化しています。

そんなペット事情は自動車の利用にも影響を与えています。

ペットの飼い主さんやその家族の場合、自動車にペットを乗せる機会があります。 近頃はペットを自動車に乗せるためのアイテムも充実していますが、ペットを自動車に乗せるときには注意も必要です。

それは、匂いです。 ペットを乗せることで車内に匂いが残るかもしれません。

ペット臭のある自動車は、手放す際に査定額が下がりがちです。

愛車の買取り・下取り査定を気にするのであれば、ペットはできるだけ乗せないようにするほうがいいでしょうね。


気になる記事ピックアップ

タイヤのこと
タイヤの規制は知ってますか?意外に知られない、忘れられた規制があります。タイヤの規制で影響が大きかったものとしては、1991年3月・・スパイクタイヤの原則使用禁止でしょう。この背景には、社会問題にも発展した、スパイクタイヤに路面が削られて発生した粉塵問題の解決があります。

自動車免許のこと
自動車免許は時代とともに結構変化しています。大まかな経緯を紹介してみます。(参考:「フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」他)1919年1月・・甲種(全ての自動車)と乙種(特定の自動車限定)があり、有効期間は5年。更新制度がなく再度試験。(自動車取締令)1933年11月・・普通免許、特殊免許、小型免許の3種類。小型免許は試験不要。(自動車取締令)

軽自動車と軽油
ガソリンスタンドも規制緩和により、セルフよ呼ばれる、お客さん自らが給油するタイプのガソリンスタンドが増えました。自分で給油する割にはあまり、値段的なメリットは感じにくい気もしますが・・・「レギュラー」「ハイオク」「軽油」ってあるけど、軽自動車だけに「軽油」かな。

クルマの制度いろいろ
例えば軽自動車は、時代とともにどんどん大きくなってきました。 運転免許も更新の期間が長くなったり、車検についてもユーザー車検が登場したり、自動車に係る制度ってかなり変わってきています。技術の進歩や、社会情勢を反映して行われている変化です。自動車の制度の変化は、少なからずいろいろなところに影響を与えます。 よい影響を受ける人は嬉しいですが、悪い影響を受ける人もいます。

子供と自動車
子供にななんだ事といえば、2000年に義務化されたチャイルドシートでしょう。また、子供が起こした事故をきっかけに様々な仕様の変化・工夫もいろいろあります。たとえばチャイルドロックは後部座席のドアを内側から開けられないようにする仕組みです。子供たちの安全のため上手に利用しましょう。

Copyright © 2008-2012 自動車の制度の歴史. All rights reserved