愛車とペット



ペットがますます近い存在になってきています。 室内で飼われる室内犬が当たり前となり、いろいろな動物のペットブームを経て、ペットも多様化しています。

そんなペット事情は自動車の利用にも影響を与えています。

ペットの飼い主さんやその家族の場合、自動車にペットを乗せる機会があります。 近頃はペットを自動車に乗せるためのアイテムも充実していますが、ペットを自動車に乗せるときには注意も必要です。

それは、匂いです。 ペットを乗せることで車内に匂いが残るかもしれません。

ペット臭のある自動車は、手放す際に査定額が下がりがちです。

愛車の買取り・下取り査定を気にするのであれば、ペットはできるだけ乗せないようにするほうがいいでしょうね。


気になる記事ピックアップ

軽自動車と軽油
ガソリンスタンドも規制緩和により、セルフよ呼ばれる、お客さん自らが給油するタイプのガソリンスタンドが増えました。自分で給油する割にはあまり、値段的なメリットは感じにくい気もしますが・・・「レギュラー」「ハイオク」「軽油」ってあるけど、軽自動車だけに「軽油」かな。

ドレスアップのこと
ドレスアップといえば、エアロパーツや光を使った装飾など、いろいろ工夫を凝らして楽しむマイカーの一つの楽しみ方ですね。ドレスアップでは法に触れる改造に注意しなければいけません。 市販されているパーツでも時に問題となるものもあるので注意が必要です。例えば、違法改造の例としては、

カーシェアリングのこと
自動車といえばマイカーが当たり前という時代は終わろうとしているのかもしれません。自動車を借りるといえば、レンタカーですが、レンタカーは半日以上の単位で借りる形態です。利用時間は短くても、数回利用したいという人にはレンタカーは割高になりがちです。

自動車免許のこと
自動車免許は時代とともに結構変化しています。大まかな経緯を紹介してみます。(参考:「フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」他)1919年1月・・甲種(全ての自動車)と乙種(特定の自動車限定)があり、有効期間は5年。更新制度がなく再度試験。(自動車取締令)1933年11月・・普通免許、特殊免許、小型免許の3種類。小型免許は試験不要。(自動車取締令)

軽自動車と軽車両
軽自動車と軽車両を勘違いする話はよく耳にします。「進入禁止(軽車両を除く)」という標識を前に、堂々と軽自動車で進入してしまう人たちですね。たまにある間違いだけに、自動車免許の試験でも出されますし、教習所では必ず注意されることですね。不注意もあるかもしれませんが、この勘違いは無くなることは無いでしょうね。

Copyright © 2008-2012 自動車の制度の歴史. All rights reserved