車検について



車検は、定期的に自動車の状態をチェックする検査のことで、法律で定められた義務です。

車検制度は、1951年に公布された道路運送車両法に基づいています。 当時に比べると道路の舗装率も上がり、自動車の性能も格段に高くなったことから、自動車の故障はかなり減ってます。

そのような背景もあり、ユーザー車検の導入など、規制は緩和されてきています。

とはいえ、当初の頃と今のクルマの性能や故障頻度の差を考えれば、2年に1度というのは少し多いような気がしますね。 安心ではありますが。

自動車整備業の人にとっては、規制緩和が進むのは辛いところでしょう。 収入源が減ってしまいますからね。


気になる記事ピックアップ

クルマの制度いろいろ
例えば軽自動車は、時代とともにどんどん大きくなってきました。 運転免許も更新の期間が長くなったり、車検についてもユーザー車検が登場したり、自動車に係る制度ってかなり変わってきています。技術の進歩や、社会情勢を反映して行われている変化です。自動車の制度の変化は、少なからずいろいろなところに影響を与えます。 よい影響を受ける人は嬉しいですが、悪い影響を受ける人もいます。

車内のドライバーの行動
車内でのドライバーや同乗者の行動や状態がルール化されたものについて見てみましょう。まず挙げられるのは、シートメルト着用です。簡単に経緯を見てみると、1969年(昭和44年)・・運転席のシートベルト設置が義務化。1973年(昭和48年)・・助手席のシートベルト設置が義務化。

ドレスアップのこと
ドレスアップといえば、エアロパーツや光を使った装飾など、いろいろ工夫を凝らして楽しむマイカーの一つの楽しみ方ですね。ドレスアップでは法に触れる改造に注意しなければいけません。 市販されているパーツでも時に問題となるものもあるので注意が必要です。例えば、違法改造の例としては、

軽自動車と軽車両
軽自動車と軽車両を勘違いする話はよく耳にします。「進入禁止(軽車両を除く)」という標識を前に、堂々と軽自動車で進入してしまう人たちですね。たまにある間違いだけに、自動車免許の試験でも出されますし、教習所では必ず注意されることですね。不注意もあるかもしれませんが、この勘違いは無くなることは無いでしょうね。

軽自動車のこと
軽自動車は、税金や手続きなどが普通自動車に比べて優遇されており、オトクな自動車ですね。軽自動車(軽四輪)は道路運送車両法の施行規則で定められています。 現在は、全長3.40m以下、全幅1.48m以下、全高2.00m以下、排気量660cc以下となっています。軽自動車の規格を追って見ましょう。(参考:「フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」)

Copyright © 2008-2012 自動車の制度の歴史. All rights reserved